昼休みは食べない!でもお腹すく…睡魔に負けない食べ物

Buon giorno (ボンジョルノ)

どうも、ゆるふわオーガニック生活しているhirokiです。

読者A
読者A
昼休みに昼食食べると、眠くなるな~
でも食べないと途中でお腹がすく…
読者B
読者B
読者C
読者C
俺の人生どうしたらいいんだ…

絶望

そんな悩みを抱えている人の為になる記事です。

絶望するほど、悩んではいないと思いますがw

結論から言うとガッツリ食べずに少しは、食べた方が良いです。

私も色々と、試行錯誤をしてみました。

ランチは野菜から食べたり、おにぎり1つだけ、プロテインの…

どれも効果は、いまいちで結局眠くなりました。

では、いったいどうしたら良いのでしょうか?

ナッツを食べる

ナッツ

答えは、ナッツです。

私が、ナッツを選んだ理由は5つあります。

低糖質

ナッツは、基本的に糖質が少ないです。

例えば1日あたり150キロカロリーのナッツを摂取した場合

  • アーモンド    23粒 糖質2.4g
  • カシューナッツ  16粒 糖質5g
  • クルミ      10粒 糖質0.9g
  • ピスタチオ    40粒 糖質4.2g
  • マカダミアナッツ 13粒 糖質1.6g

糖質が少なく良質な資質も摂取でき、満腹感を得られます。

低GI値&低GL値

GI値とは(Glycemic Index/グリセミックインデックス)の略称で、食後の血糖値の上昇を示す値です。

「低GI食品」とは、GI値が低い食べ物は、血糖値の上昇を抑えられる食品ということです。

GI値は60が目安と言われています。60を超えるとGI値の高い食品になります。

 

食品 GI値
アーモンド 30
カシューナッツ 34
ピーナッツ 28
マカダミアナッツ 27
ピスタチオ 18
くるみ 18

参考までに他の食品のGI値を載せます。

炭水化物 GI値
食パン 95
フランスパン 95
精白米 88
もち 85
うどん 85
ロールパン 83
そうめん 80
赤飯 77
ベーグル 75
コーンフレーク 75
胚芽精米 70
クロワッサン 70
玄米+精白米 65
玄米フレーク 65
パスタ 65
おかゆ(白米) 57
玄米 55
ライ麦パン 55
オートミール 55
そば 54
中華麺 50
50
全粒粉パン 50
パスタ(全粒粉) 50
おかゆ(玄米) 47

 

GL値とは、(Glycemic Load/グリセミックロード)の略称で、食品に含まれている糖質量×GI値÷100で計算したものです。

これにより、同じ食品でも糖質の量を考慮でき、GL値が注目されています。

そもそもGI値の測定の方法に、弱点があります。

GI値の測定は、食品に含まれる炭水化物の量が50gになるまで食べてもらいその後血糖値を測定します。

例えば、ホットケーキがGI値「80」で血糖値が上がりやすく脂肪になりやすい食品です。

ホットケーキと同じGI値「80」のものに、ニンジンがあります。

ニンジンもGI値が「80」なので、数字だけ見ると同じくらい太りやすい食品という事になります。

これが、GI値の弱点なんです。

弱点の理由は、炭水化物を50g摂った後に測定する事にあります。

ニンジンは、100gあたり炭水化物量が約9gなので、炭水化物量を約50g摂取するには、500g摂る必要があります。

約ニンジンを5本です。

馬の食事かよ!!とツッコミたくなりますw

GI値の考え方は、ニンジン5本食べた時とホットケーキを食べた時に、同じくらい血糖値が上がるという解釈になります。

ニンジン5本も一気に食べる事は、現実的に考えにくいです。

GI値は目安という認識が良いと思います。

そんな中、GI値をより現実的にしたのが「GL値」です。

食品 GL値
アーモンド(生) 3
アーモンド(煎り) 1
カシューナッツ(生) 6
カシューナッツ(煎り) 1
マカダミアナッツ(生) 1
マカダミアナッツ(煎り) 1
ピスタチオ(煎り) 1
くるみ(生) 0
くるみ(煎り) 1
29
パン 11
パスタ 18
タピオカ 61
さつまいも 15
かぼちゃ 14
バナナ 12
みかん 4

ナッツ類はGL値が低いので血糖値も上がりにくい食品になります。

 

無添加

私は、添加物を気にしています。

ナッツ類は、ほとんどが無添加なんです。

これ嬉しくないですか?

添加物については、賛否両論ありますが、不安がある以上あまり摂取しないように心がけています。

完璧に排除する事は、日本で生活していく上で不可能ですので、7:3くらいで添加物を摂取するように心がけています。

添加物については、こちらの本が参考になりますので、ぜひ一度手に取ってみてください。

動画も貼っておきます。

 

 

満腹感

意外かもしれませんが、ナッツは少量でもお腹を満たしてくれます。

私は、いつも30gくらいとMCTオイルを混ぜたコーヒーをお昼に摂っています。

これで、昼間の空腹感を十分に乗り切る事ができます。

MCTオイルとは、ココナッツやパームフルーツといったヤシ科植物の種子の核部分に含まれる自然由来の成分、「中鎖脂肪酸」が主成分の油のこと。 摂取すると、脳や体のエネルギー源「ケトン体」を効果的に作り出します。 体に溜まりにくく、持久力アップやダイエット、むくみ解消、睡眠不足の解消など様々な嬉しい効果が期待できます。

手に入りやすい

これは、忙しい人には、かなり重要です。

スーパーやファミリーマート、ローソン、セブンなどのコンビニに行けば、だいたい売っています。

手に入りやすい事は非常に大事です。

忙しいサラリーマンの生活でも、再現性が高い昼食になります。

 

眠くなりにくい

一番重要な事ですが、低GI食品なので、血糖値が上昇しづらく眠くなりにくいです。

食後のダルさと、眠気からオサラバできます。

午後からもバリバリ働く事ができますので、最高の食品です。

それでも眠い時は、10分ほどの仮眠をオススメします。

かなりスッキリすると思います。

せっかくなので、実際に食べている商品を紹介します。

オススメのナッツ商品

 

私が食べているのは、ビオラル(BIORAL)の低糖質ナッツです。

ビオラル 低糖質ナッツ

こちらは、クルミ・アーモンド・ヘーゼルナッツが入っています。

7袋に小分けされていて、1袋28gです。

こんな感じ

ビオラル 低糖質ナッツ

産地はこちらです。

クルミ(アメリカ) アーモンド(アメリカ) ヘーゼルナッツ(トルコ)

低糖質ナッツ

 

成分表示はこちらです。

1袋28gあたり

  • エネルギー 197カロリー
  • たんぱく室 4.8g
  • 脂質    18.7g
  • 炭水化物  3.2g
  • 糖質    1.4g
  • 食物繊維  1.8g
  • 食塩相当量 0.0g

 

炭水化物が少ないですね。

ビオラル 低糖質ナッツ

くるみ

こちらは、クルミで味はさっぱりしています。

ヘーゼルナッツ

こちらが、ヘーゼルナッツです。ほんの少しだけ独特な味がします。

最後にアーモンドです。これが1番美味しいです。油がある感じがします。ナッツ界の大トロ的なところでしょうかw

このビオラル(BIORAL)の低糖質ナッツは、スーパーのライフに売っています。

ネット通販もあるかな?と思い調べてみたのですが…

売っていませんでした。

でも代わりになるような商品が、ありましたのでご紹介します。

DELTA(デルタ)の低糖質ロカボナッツもクルミ、アーモンド、ヘーゼルナッツが入っています。

食品添加物不使用で、安心して食べる事ができます。

まとめ

ランチをナッツで済ませる事により、眠気を予防し、ダイエット効果も期待できます。

消費カロリーが、普段少ないのに、ランチでラーメン、ハンバーグ、パスタ、などを食べてしまうと糖尿病の恐れもあります。

そして、無駄にランチに行ったりしなくて済むので、お財布にも優しいです。

私は、ナッツ生活を始めてから、眠気が減ったのを実感しています。

ただ、たまには同僚とランチに行ったりするのもコミュニケーションになるので、たまにはランチに行くのも気分転換になり良いです。

世の中素敵なお店がいっぱいありますからw

それでは、今回は低糖質ナッツについてお話しいたしました。

みなさんCiao!Ciao!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です